2011年

12月

27日

[チュートリアル] Hello World (4) ― スタイル指定 ―

これまでは,個々のフィールドに対して属性を指定してきましたが,フィールド数が多くなってくるとレンダリング・パラメータの作成や修正がたいへんになってきます。「スタイル指定」を使って,作業を効率化しましょう。

フィールドの階層化

スタイル指定を効率的に行うためには,フィールドを階層化する必要があります。

 

PDFでは,F.a, F.b のようにピリオドで区切ったフィールド名を付けると,Fを親,aとbを子とする親子関係があると認識されます。

これは単なる命名習慣ではなく,PDFの中では実際にツリー状のデータ構造が組み立てられます。

 

一方,Adobe AcrobatでPDFにフィールドを配置する際に「復数のフィールドを配置…」でテーブル状にフィールドを並べると,F.0, F.1, … のように0始まりの数字のフィールド名が付けられます。

 

Field Reports では,これらPDFやAcrobatの性質を利用して,スタイル指定を行います。

レンダリング・パラメータの修正

スタイル指定を行う準備として,まずは前回作成した“hello3-2.json”を階層構造を持たせた形に修正します。
Field Reports では,0, 1, 2, … の並びをリストに対応付けます。
// hello4-1.json
{
    "template": {"paper": "A4"},
    "context": {
        "hello": [
            {
                "new": "Tx",
                "value": "Hello, world!",
                "rect": [100, 700, 400, 750],
                "border-width": 3,
                "border-style": "Solid"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "value": "Hello, world!",
                "rect": [100, 600, 400, 650],
                "border-width": 3,
                "border-style": "Dashed"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "value": "Hello, world!",
                "rect": [100, 500, 400, 550],
                "border-width": 3,
                "border-style": "Beveled"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "value": "Hello, world!",
                "rect": [100, 400, 400, 450],
                "border-width": 3,
                "border-style": "Inset"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "value": "Hello, World!",
                "rect": [100, 300, 400, 350],
                "border-width": 3,
                "border-style": "UnderlineStyle"
            }
        ]
    }
}

スタイル要素の追加

次に,スタイル要素を追加します。

 

value, border-width が共通の値だったので,スタイル要素にまとめました。ただし,newはスタイル要素として記述できないので残しています。

 

ここで,"style"キーワードと対になる値のデータ型が辞書ではなくリストであることに注意してください。スタイルの適用順序が重要になる場面に備えて,順序が保存できるリストを使用しているためです。

// hello4-2.json
{
    "template": {"paper": "A4"},
    "context": {
        "hello": [
            {
                "new": "Tx",
                "rect": [100, 700, 400, 750],
                "border-style": "Solid"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "rect": [100, 600, 400, 650],
                "border-style": "Dashed"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "rect": [100, 500, 400, 550],
                "border-style": "Beveled"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "rect": [100, 400, 400, 450],
                "border-style": "Inset"
            },
            {
                "new": "Tx",
                "rect": [100, 300, 400, 350],
                "border-style": "UnderlineStyle"
            }
        ]
    },
    "style": [
        {"hello.*": {"value": "Hello, world!", "border-width": 3}}
    ]
}

セレクタ文字列

"hello.*"の部分を「セレクタ文字列」と呼び,スタイルを適用する範囲を規定します。

 

"*"は,任意の部分フィールド名ひとつにマッチします。

 

数値の範囲を規定するためのセレクタ文字列もあり,フィールドがテーブル状に並んでいる場面で威力を発揮します。

例えば,"[3:]"であれば3行目または3列目以降(3, 4, 5, ...),"[1::2]"であれば奇数行または列(1, 2, 3, ...)に選択的にスタイルを適用することができます。