2011年

2月

21日

LL言語用PDF出力テンプレートエンジン「Field Reports」を発売

報道関係者各位

 

2011年2月21日

合同会社フィールドワークス

 

LL言語用PDF出力テンプレートエンジン「Field Reports」を発売

 

合同会社フィールドワークス(愛知県春日井市,代表 梶田健史)は,LL言語(Ruby, Python等)からの利用に最適化したPDF出力テンプレートエンジン「Field Reports」を開発・製品化し,3月1日より販売を開始します。

 

《開発の経緯》

Ruby on Rails, Django などの先進的なWebアプリケーションフレームワークの登場により,Webシステム開発の生産性が向上すると共に,LL言語による実用システムの開発も認知されてきました。

しかし,通常これらのツールがサポートしているのはHTML等のテキスト出力のみであり,帳票出力は考慮されていないことがほとんどです。帳票出力が必要なシステムでは,従来型の帳票ツールを使わざるを得ませんでした。

そこで今回,LL言語用のWebアプリケーションフレームワークと組み合わせて使用することを想定した,PDF出力用のテンプレートエンジンを開発するに至りました。

 

《製品の特徴》

1. データモデル

 Ruby, Pythonの拡張モジュールとして利用する場合は,LL言語ネイティブの辞書/ハッシュ等のデータ構造でパラメータを与えます。外部プロセスとして呼び出す場合は,JSON形式のパラメータファイルによりデータを受け渡します。

 

2. ソーステンプレート

Officeソフト等で作成したPDFをベースとしてテンプレートを準備します。

・テンプレートの作成・修正が容易です。

・元原稿のデザインを忠実に再現することができます。

 

3. テンプレートエンジン

関数プログラミング言語OCamlを用いて,高性能なテンプレートエンジンを開発しました。

PDFテンプレート上に配置したフィールドをプレースホルダとして,任意のテキスト・画像を埋め込むことができます。

・複合/連続帳票の作成が容易です。

・柔軟なスタイル指定が可能です。

・禁則処理・ハイフネーション処理などの高度な組版機能を有します。

 

4. 成果ドキュメント

PDF1.6規格準拠のドキュメントを出力します。

・ 文書情報・開きかたなど,任意のPDFプロパティが設定できます。

・セキュリティ(暗号化)を設定することができます。

・Flate圧縮,Web表示用に最適化が可能です。

 

《動作環境》

プラットホーム: Linux, Mac OS X 

LL言語: Ruby, Python

※対応プラットホーム・LL言語は,順次追加していく予定です。

 

《販売価格と提供時期》

販売価格:126,000円 (税込)

提供時期:2011年3月1日より

※発売記念セールとして,5月31日まで通常20,000円/年の保守サポートサービスを無料でご提供します。

 

《会社概要》

会社名:合同会社フィールドワークス(英語表記:Field Works, LLC.)

代表者:梶田健史

設立 :2007年5月30日

資本金 :300万円

所在地:〒487-0031 愛知県春日井市廻間町1102

業務内容:ソフトウェア製品の開発・販売

     ソフトウェア受託開発

URL:http://www.field-works.co.jp/

 

《本件に関するお問い合わせ先》

合同会社フィールドワークス

TEL:050-6000-2010,FAX:050-3488-7698

E-mail:info@field-works.co.jp

 

【2011.03.07修正】