オフィスソフトとAdobe Acrobat™による帳票設計

Field Reportsでは,Excel, Word等の市販のオフィスソフトとAdobe Acrobat等のPDFの編集ソフトを用いて帳票設計を行います。

帳票レイアウトの作成

帳票設計を行うには,まず下絵となるPDFを用意します。
下絵の作成にはExcel, Wordなどのオフィスソフトを利用するのが一般的ですが,作成手段は特に問いません。
例えば,以下のような方法が考えられます。
  • 公的機関などで配布されているPDF帳票を流用する。
  • 紙の帳票をスキャンする。
  • Excel, Wordで運用している既存帳票をPDF化する。
  • 設計資料を下絵としてそのまま使用する。

PDFテンプレートの作成

次に,作成したPDFファイルをAdobe AcrobatなどのPDF編集が可能なアプリケーションで開き,フィールドを配置します。

  • 動的にテキスト・画像を埋め込む位置にフィールドを配置します。
  • この時点でフィールドに設定したフォント・フォントサイズ・表示色などの表示色が,最終的に出力される帳票に反映されます(動的に表示促成を変更することも可能です)。
  • Acrobatの「復数のフィールドを配置」機能により,テーブル形式のフィールドを簡単に配置することができます。

帳票設計の流れ

以下に帳票設計の作業手順を示します。

Field Reports試用版のダウンロードは,下記ページよりお申し込みください。