License Key / ライセンスキー申請窓口

Field Reportsのご使用に際しては,ライセンスキーが必要となります。

ライセンスキーには,開発ライセンスキーと運用ライセンスキーの2種類があります。

ライセンスキーの種類 使用期限 説明
開発ライセンスキー 1年間

・開発目的の利用に限定

・実行マシンを限定しない

 (複数台の開発マシンへインストール可)

運用ライセンスキー 無期限

・本番利用可能

・実行マシンを限定する

 (1ライセンス=1サーバ)

開発ライセンスキー

ご購入時に,シリアル番号と共に発行さるライセンスキーです。

開発ライセンスキーの再発行について

バージョンアップ・保守などの理由により,開発ライセンスキーが再度必要になった場合には,再発行が可能です。

  • 再発行をおこなうためには,保守サポート契約期間内である必要があります。
    期限切れとなっている場合には,再加入した上で申請してください。
  • 再発行時の開発ライセンスキーの有効期限は,3ヶ月となります。
    開発期間が3ヶ月を超える場合は,期間延長の申請を行ってください。

開発ライセンスキー再発行申請手続き

下記フォームにシリアル番号とチェックコードを入力して送信してください。

メールアドレス欄には,登録ユーザーのメールアドレスを入力してください。

3営業日以内に,折り返し開発ライセンスキーをお送りいたします。

メモ: * は入力必須項目です

運用ライセンスキー

本番稼動を行うコンピュータに対して発行されるライセンスキーです。

運用ライセンスキーの再発行について

運用ライセンスキーの発行は,1つのシリアル番号につき原則1回です。

ただし,故障によるハードウェア交換,ハードウェア構成の変更などの理由でライセンスキーが無効になった場合には再発行が可能です。

  • 再発行をおこなうためには,保守サポート契約期間内である必要があります。
    期限切れとなっている場合には,再加入した上で申請してください。
  • 再発行が必要となった理由を下記申請フォームの「特記事項」にご記入ください。

運用ライセンスキー発行申請手続き

実際に運用を行うコンピュータ上で,シリアル番号を引数に与えて以下のコマンドを実行してください。標準出力に,チェックコードが出力されます(チックコードは,シリアル番号とコンピュータのハードウェア情報を元に生成されるハッシュ値です。実行環境のハードウェア情報が直接弊社に送られることはありません)。

 

$ reports activate xx-xxxx-xxxx-xxxx

 

下記申請フォームにシリアル番号とチェックコードを入力して送信してください。

メールアドレス欄には,登録ユーザーのメールアドレスを入力してください。

3営業日以内に,折り返し運用ライセンスキーをお送りいたします。

 

メモ: * は入力必須項目です